[Play] APIドキュメントの生成を抑制する

play stage とか play dist とかしたときに何故がAPIドキュメントとかが生成されちゃって、
ただでさえ遅いscalaのコンパイルがさらに遅くなってイライラしているそんな貴方、こちらをお試しあれ。

build.sbt(プロジェクトのルートにあると思う)の playScalaSettings にちょっと手を加えれば解決できます。

こんな感じ

name := "playapplication"

version := "1.0-SNAPSHOT"

libraryDependencies ++= Seq(
  jdbc,
  anorm,
  cache
)     

//play.Project.playScalaSettings
// ↓ こんな感じに書き換える (ver2.2以下)
play.Project.playScalaSettings ++ Seq(doc in Compile <<= target.map(_ / "none"))

// ↓ (追記) 2.3以降だと下記の行を加えるとOK
doc in Compile <<= target.map(_ / "none")

こうするとドキュメントの生成を止めてくれますよ。
※playframework 2.2.2で動作確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です