“AWS SDK for Java”を使ってCloudSearchから検索結果を取得する

CloudSearchの検索時に”AWS SDK for Java”を使ってみるサンプルです。
HttpClient等を使った例は良く見かけますが、SDKを使った例が見つからなかったので載せときます。

scalaでの記述例ですけど、javaでもほとんど同じですよ。

import com.amazonaws.auth.AWSCredentials
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.AmazonCloudSearchDomainClient
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.model.SearchRequest
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.model.QueryParser
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.model.SearchResult


// search用のエンドポイント
val endpoint = "search-testdb-xxxxxxxxx.ap-northeast-1.cloudsearch.amazonaws.com"

// クライアントを準備
val credentials = new BasicAWSCredentials("accessKey", "secretKey")
val client = new AmazonCloudSearchDomainClient(credentials)
client.setEndpoint(endpoint)


// リクエストを生成
// 各項目に設定する内容はhttpクライアント等で search apiを実行する時に
// 設定する内容とだいたい一緒です  
// 詳しくは↓
// http://docs.aws.amazon.com/cloudsearch/latest/developerguide/search-api.html
//
var request = (new SearchRequest())
	.withQueryParser(QueryParser.Simple)
	.withQuery("検索ワード")
	// titleとsubtitleに対して"AND"検索を行う	
	.withQueryOptions("{\"defaultOperator\":\"and\",\"fields\":[\"title\",\"subtitle\"]}")
	// 先頭から1000件まで取得	
	.withStart(0)
	.withSize(1000)
	// ソート条件を設定
    .withSort("sortkey1 asc,sortkey2 desc")
    // 結果として取得する項目
    .withReturn("_score,title,ranking")
    

try{
    // 検索処理
    val result = client.search(request)
	
	 
    val status  = result.getStatus()
    val hits = result.getHits()
    
    // インデックス全体でのトータル件数(startとsizeで指定した範囲外も含む)
    val total = hits.getFound();
    
    // 取得したレコードをマップ (javaな人は for-eachしていると思って下さい)
    hits.getHit().map{rec => 
    
      // ID項目
      val id = rec.getId()
      
      // Fieldを参照してみる
      val ranking = rec.getFields().get("ranking").get(0)
      
      Logger.info(" id:" + id + " ranking:" + ranking)
    }

} finally {
   client.shutdown()
}

なぜSDKを使う必要があったかと言うと、IAMロールでのアクセス制限を行いたかったからです。
署名済リクエストを作るのがやたらと面倒だったので・・・
SDKを使う事で簡単に署名済のリクエストが行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です