“AWS SDK for Java”を使ってCloudSearchへデータを登録する

前回の検索に続いてこんどはドキュメントの更新処理です
これもSDKを使ったサンプルが見つからないんですよね。。。探し方が悪いのかな??

scalaでの記述になっていますけど、javaでもほとんど同じです。

import com.amazonaws.auth.AWSCredentials
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.AmazonCloudSearchDomainClient
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.model.UploadDocumentsRequest
import com.amazonaws.services.cloudsearchdomain.model.ContentType
import java.io.ByteArrayInputStream


// document用のエンドポイント
val endpoint = "document-testdb-xxxxxxxxx.ap-northeast-1.cloudsearch.amazonaws.com"

// クライアントを準備
val credentials = new BasicAWSCredentials("accessKey", "secretKey")
val client = new AmazonCloudSearchDomainClient(credentials)
client.setEndpoint(endpoint)

// データ投入用のjsonデータを作成する
val datajson = "[{ ...省略... }]"

// json文字列をbyte配列としてInputStreamを取得
val postdata = datajson.getBytes()
val data = new ByteArrayInputStream(postdata); 

// リクエストを生成
var request = (new UploadDocumentsRequest())
    .withContentType(ContentType.Applicationjson)
    .withContentLength(postdata.length)
    .withDocuments(data)
     
// uploadを実行
val response = client.uploadDocuments(request)

// 何件登録して、何件削除したのかを確認できます      
Logger.info(response.toString())

client.shutdown()

datajsonに入れる文字列はHttpクライアント等で “documents/batch” APIにpostする内容と同じです
詳しくは↓
http://docs.aws.amazon.com/cloudsearch/latest/developerguide/document-service-api.html

簡単なサンプルですとこんな感じです

[
  { 
  	"fields": { "title": "タイトル100","subtitle": "サブタイトル" }, 
	"id": "100", 
	"type": "add"
  }, 
  {
  	"fields": { "title": "タイトル101", "subtitle": "サブタイトル" }, 
	"id": "101", 
	"type": "add"
  },
  {
  	"id": "900",
  	"type": "delete"
  }
]

jsonはJacksonとかGsonとかで作ると楽ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です