SwiftでQRコードを生成する

Core Imageを使うと簡単に作れるんですね〜
Swiftで実装するとこんな感じです。

func makeQRCodeImage(code:String) -> UIImage? {    
    guard let ciFilter = CIFilter(name: "CIQRCodeGenerator") else {
        return nil
    }
    ciFilter.setDefaults()
    
    // QRコードを設定
    ciFilter.setValue(code.data(using: String.Encoding.utf8), forKey: "inputMessage")
    
    // 誤り訂正レベルを設定
    // "L" "M" "H" が設定できるみたい
    ciFilter.setValue("M", forKey: "inputCorrectionLevel")
    
    if let outputImage = ciFilter.outputImage {        
    	// 作成されたQRコードのイメージが小さいので拡大する
        let sizeTransform = CGAffineTransform(scaleX: 10, y: 10)
        let zoomedCiImage = outputImage.applying(sizeTransform)
        return UIImage(ciImage: zoomedCiImage, scale: 1.0, orientation: .up)
    }
    
    return nil
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です