非Retinaイメージ作成ツール公開

Retina用イメージから非Retina用イメージを作るのが面倒なので、簡単なツールをつくってみました。

ダウンロード↓
RetinaImageShrinker.zip (229 ダウンロード)

スクリーンショット
retinashrinker1

png、jpgファイルをFinderからDROPすると、縦横のサイズをそれぞれ50%にリサイズした画像を生成し、同じ場所に保存します。
また、同時に、もとのファイル(retina用)をリネームして拡張子の前に例の”@2x”を付けてくれます。

例.
hoge.png を dropすると
 ↓
hoge.png — 生成された非Retina用イメージ
hoge@2x.png — dropしたファイル

もちろん”@2x”付きのファイルをdropしてもOKです。

例.
hoge@2x.png を dropすると
 ↓
hoge.png — 生成された非Retina用イメージ
hoge@2x.png — dropしたファイル(なにもしない)

もし、”@2x”付きのファイルが既に存在したときは拡張子の前にアンダーバーを付けてリネームされます。

例.
hoge.png を dropすると
 ↓
hoge.png — 生成された非Retina用イメージ
hoge@2x.png — もともと存在していたファイル
hoge@2x_.png — dropしたファイル

このようにdropしたファイルやretina用だと思われるファイルは勝手に消さないようにしています。
一方で非retina用として生成されるファイルは問答無用で上書きしますのでご注意下さい。

非商用、商用問わず自由に使って頂いて結構ですが、
このアプリケーションを使用した事により、いかなる損害が発生しても作者は一切の責任を負いません。
自己責任でご利用下さい。

[更新履歴]

ver1.0.3
・高さ、幅が1ピクセルのイメージを縮小した時に不正なイメージが生成される不具合を修正

非Retinaイメージ作成ツール公開」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: RetinaImageShrinker ver1.0.3 | 目くじら日記

  2. ピンバック: RetinaImageShrinker ver1.0.3 | 目くじら日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です