カテゴリー別アーカイブ: Play Framework

Slick3.0 トランザクション内で、クエリした結果を使って更新処理を行う

クエリした結果(リスト)から別の更新処理を行う方法です。

トランザクション内で処理するために、DBActionにまとめないとダメなのですが、
このへん、ちょっとややこしいですよね。

以下はTableAから得た結果(リスト)からTableBの削除を行う例です

val action =
(for {
   // TableAをクエリ
   list <- TableA.filter(name === "tateo").result
   // その結果を使ってTableBを削除
   _ <- DBIO.seq( list.map(r => TableB.filter(id === r.id).delete  ) : _*  )
} yield () ).transactionally

db.run(action)

SlickでANDとORを混在させたクエリを発行する

例えばこんなSQLを発行したかったりします。

select * from cities
where (population > 100000) and (class = '都' or class = '府')

Slickではこんな感じで書けます

Cities.filter(row => row.population > 100000 && ( class === '都' || class === '府' ))


“AND” は “&&”、”OR” は “||” で記述し、必要な箇所でカッコを記述すれば目的のクエリとなってくれました。

これが動的になった場合にはどうするか?
例えば 下記のSQLで都道府県の抽出が可変の場合(inで書けってのは無しで・・)

select * from cities
where (population > 100000)
  and (class = '都' or class = '府' or class = '道' or class ='県')

試行錯誤した末にfunctionを作って対応しました。

def classConditions(row:Cities,t:Boolean,d:Boolean,f:Boolean,k:Boolean):Rep[Boolean] = {
  var condition:Rep[Boolean] = true
  if (t) condition = condition || (row.class === "都")
  if (d) condition = condition || (row.class === "道")
  if (f) condition = condition || (row.class === "府")
  if (k) condition = condition || (row.class === "県")
  condition
}

Cities.filter(row => row.population > 100000 && ( classConditions(row,true,true,false,false) ))

このへんの情報がなかなか見つからずに苦労します。

[Play] dist時に独自のリソースフォルダを加える

Play frameworkで作成したアプリケーションを公開する際に、”dist”コマンドを実行してデプロイ用のzipを作成すると思いますが、そのまま処理すると独自に追加したリソース用のディレクトリが含まれてくれません。

そういった場合にはbuild.sbtに追記します。

例えば プロジェクトフォルダ直下に”templates”というディレクトリを作成していたとしたら、
build.sbtに次のコードを追記します。

// templatesフォルダとその内容をdist対象に追加
mappings in Universal ++= {
  val templateDirectory = baseDirectory(_ / "templates").value
  val templateDirectoryLen = templateDirectory.getCanonicalPath.length
  (templateDirectory ** "*").get.map { f: File =>
    f -> ("templates/" + f.getCanonicalPath.substring(templateDirectoryLen))
  }
}

[Play] APIドキュメントの生成を抑制する

play stage とか play dist とかしたときに何故がAPIドキュメントとかが生成されちゃって、
ただでさえ遅いscalaのコンパイルがさらに遅くなってイライラしているそんな貴方、こちらをお試しあれ。

build.sbt(プロジェクトのルートにあると思う)の playScalaSettings にちょっと手を加えれば解決できます。

こんな感じ

name := "playapplication"

version := "1.0-SNAPSHOT"

libraryDependencies ++= Seq(
  jdbc,
  anorm,
  cache
)     

//play.Project.playScalaSettings
// ↓ こんな感じに書き換える (ver2.2以下)
play.Project.playScalaSettings ++ Seq(doc in Compile <<= target.map(_ / "none"))

// ↓ (追記) 2.3以降だと下記の行を加えるとOK
doc in Compile <<= target.map(_ / "none")

こうするとドキュメントの生成を止めてくれますよ。
※playframework 2.2.2で動作確認

[Play] Playframeworkのセッションでハマる!

表題の時点で分かる人は大体「あー、あれだな!」って気づかれてしまうネタですけど、
拡散の意味を含めて投稿しておきます。

セッションに値を設定する時にwithSessionを使いますよね。
んで、新規セッションとする場合にはwithNewSessionを使う。

コードだとこんな感じ

Ok(・・・).withSession("authKey" -> "eyewhale")
Ok(・・・).withNewSession

そもそもこのメソッド名が混乱の元なんですよね。
一方がNewSessionならもう一方は既存のセッションを引き継ぐって思ってしまうんですが、これが間違い!
withSessionは指定された内容で既存セッションを丸ごと上書きします!!(重要)
(with・・・なのでそうあるべきなのは分かりますが)

なのでセッションに追加したい場合には

Ok(・・・).withSession(session + ("authKey" -> "eyewhale"))

のように記述する必要があります。
複数の値をセットする場合にはこんな感じ。

Ok(・・・).withSession(
      session + ("authKey" -> "eyewhale") + ("authorName" -> "tateo"))

逆にセッションから値を消す場合にはマイナスすれば消えてくれます。

Ok(・・・).withSession(session - "authKey")

という事で、
気をつけなはれや!

[Play] ブラウザキャッシュを無効化

Play Framework2でブラウザキャッシュを無効化するサンプルです。
たぶんもっとscalaっぽいやり方があるはず。

下記みたいなコードを
helpers / NoCache.scala として保存

package helpers

import play.api.mvc._
import play.api.http.HeaderNames._

object NoCache {

  def setHeaders(result:SimpleResult): SimpleResult = {
    result.withHeaders(
        PRAGMA -> "no-cache",
        CACHE_CONTROL -> "no-cache",
        EXPIRES -> "Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 GMT")    
  }

  implicit class NoCacheSimpleResult(val self: SimpleResult) extends AnyVal {
    def NoCache: SimpleResult = helpers.NoCache.setHeaders(self)
  }
  
}

使い方は各コントローラーで下のように書くとヘッダーへno-cacheを設定してくれます。


import helpers.NoCache._

def hogehoge(code: String) = Action.async { implicit request =>
    scala.concurrent.Future {
         
          // 何かしら処理 ・・・
    
          Ok(・・・).NoCache    
    }
  } 

[Play] アップロードファイルの制限を掛ける方法

PlayFramework2.xでのファイルアップロード時にサイズ制限を掛ける方法です。

どうやら maxLength という指定を行う事で対応できるようです。
以下サンプル

def upload = Action.async(parse.maxLength(1024 * 200, parse.multipartFormData)){ 
  implicit request =&gt;   
  scala.concurrent.Future {      
    request.body match {
      case Left(err) =&gt; EntityTooLarge(&quot;upload image too big&quot;)
      case Right(body) =&gt; {

         val opFile = body.file(&quot;image&quot;)
         opFile match {
            case None =&gt; Forbidden
            case Some(file) =&gt;{
                val tempFile: TemporaryFile = file.ref
                     
                // ごにょごにょ 
                // val f:java.io.File = tempFile.file
                     
                tempFile.clean
            }
          }
    
      }
    }
  }
}

[scala]case classでJAVA-Beanスタイルのプロパティを実装

自動生成されるgetter、setterをget〜やset〜みたいな形にする方法です。
case classをjavaで使用する時に使うと良いかも。

方法.
@reflect.BeanProperty って書けばOK

ex.

case class Book(
  @reflect.BeanProperty var id:String, 
  @reflect.BeanProperty var title:String)


val book = Book(“100″,”kokoro”)
book.getId()
book.setId(“102”)

残念ながら Boolean のプロパティは is〜になってくれない模様

(2014.10.09) version2.3.xでは @scala.beans.BeanProperty に変更されているもよう

[Play] AnormでダイナミックSQL

Anorm面倒ですね。
静的なパラメータクエリは簡単にできますが、動的にwhere句・パラメータを生成しなければならない場合もあるわけで。。

SQLのwhereについては単なる文字列なのでどうとでもなりますが、問題はon{・・}に記述するパラメータです。
これにはすっごく悩みましたが下記の方法にて動的にwhereの生成とパラメータの設定を行う事が可能です。

val datamap = { //(省略)マッピング定義 }

def selectBooks(offset: Int, pageSize: Int, orderBy: String
    , filterTitle: Option[String] = None,filterAuthor:Option[Int] = None):List[Book] = {
  DB.withTransaction { implicit connection => 
  
    // 条件をtupleで定義する(項目ID,条件演算子,値)
	// 無視する条件は値にNoneを設定
    val conditions = Seq(
      ("title", "like",filterTitle),
      ("author_id", "=",filterAuthor)
    )
	
    // Someな値を抽出してwhere句を生成
    val filterString = conditions.filter(_._3.isDefined).map(flt => {
      "%s %s {%s}".format(flt._1,flt._2,flt._1)
    }).mkString(" where "," and ","")
    
	// 同じくSomeな値に対してのパラメータリストを作成
    val filterParams = conditions.filter(_._3.isDefined).map(flt => { 
      flt._1 -> toParameterValue(flt._3)
    })       
	
	// 常に設定するパラメータを作成
    val baseParams =  Seq(
      "pageSize" -> toParameterValue(Option(pageSize)),
      "offset" -> toParameterValue(Option(offset))
    )
	// パラメータのリストを結合
    val params = baseParams ++ filterParams

    // queryを実行
    SQL("""
        select * from books
        %s order by %s limit {pageSize} offset {offset}         
        """.format(filterString,orderBy))        
        .on(params: _* )
        .as(datamap *)
  }
}

条件項目をOptionで受け取り、Someな項目のみを条件として設定しています。
もうちょっと綺麗に書きたいのですが、イマイチscala的な書き方が良くわかっていないので。。