月別アーカイブ: 2017年8月

SwiftでQRコードを生成する

Core Imageを使うと簡単に作れるんですね〜
Swiftで実装するとこんな感じです。

func makeQRCodeImage(code:String) -> UIImage? {    
    guard let ciFilter = CIFilter(name: "CIQRCodeGenerator") else {
        return nil
    }
    ciFilter.setDefaults()
    
    // QRコードを設定
    ciFilter.setValue(code.data(using: String.Encoding.utf8), forKey: "inputMessage")
    
    // 誤り訂正レベルを設定
    // "L" "M" "H" が設定できるみたい
    ciFilter.setValue("M", forKey: "inputCorrectionLevel")
    
    if let outputImage = ciFilter.outputImage {        
    	// 作成されたQRコードのイメージが小さいので拡大する
        let sizeTransform = CGAffineTransform(scaleX: 10, y: 10)
        let zoomedCiImage = outputImage.applying(sizeTransform)
        return UIImage(ciImage: zoomedCiImage, scale: 1.0, orientation: .up)
    }
    
    return nil
}

SharedPreferencesでputStringSetを使う時の注意点

こんな感じでgetStringSetで得た結果に直接要素を追加して、
putStringSetしてもダメっぽい。

SharedPreferences pref 
  = context.getSharedPreferences("name",Context.MODE_PRIVATE);

String key = "keyA";

// Setを取得する
Set<String> set1 = pref.getStringSet(key, new HashSet<String>());

// Setに文字列を追加
set1.add("追加する文字列");

// そのまま保存
SharedPreferences.Editor editor = pref.edit();
editor.putStringSet(key, set1);
editor.apply();

 

この状態でgetStringSetするとちゃんと設定されてて正常に動いているように見えるんだけど、
プロセスが再起動されたあとに消えてます。(2件目以降)

対応としては下記のように別のSetを作ってコピーしてあげるとちゃんと動いてくれた。

// Setをクローンする
HashSet<String> set2 = new HashSet<>();
set2.addAll(set1);

SharedPreferences.Editor editor = pref.edit();
editor.putStringSet(key, set2);
editor.apply();

モヤモヤしますな。