タグ別アーカイブ: Unbox

JSONパーサー Unbox をデータクラスを定義せずに使用する方法

Unboxは便利ですね〜
結構便利でswiftでjson扱う時はこればっかり使っています。
WEBで見てもユーザがどんどん増えている気がしますね。

さて、そんな便利なUnboxですが決まったデータクラスが存在しない時の扱いについてサンプルが少ないように感じました。
特にマップを要素に持つjson配列の扱いにちょっと迷いましたのでここにメモっておきます。

ポイントは performCustomUnboxing*** 系のメソッドを使う事と、 UnboxableDictionary を使う事です。



/*  
jsonStringには下記のjsonが入っているとして

{
   "storename":"金沢店",
   "stocks":[
      {"item":"白菜","stock":12},
      {"item":"甘エビ","stock":439}
   ]
}
*/

if let data = jsonString.dataUsingEncoding(NSUTF8StringEncoding) {           
  do {
                
    // performCustomUnboxing*** を使うのがポイント
                
    let result = try Unboxer.performCustomUnboxingWithData(data) { (unboxer) -> String in
                    
      // ルートの"storename"を取得
      let storename = unboxer.unbox("storename") ?? "unknown store"
                    
      // マップを含むjson配列はUnboxableDictionaryの配列として取得する
      let stockDictArray:[UnboxableDictionary] = unboxer.unbox("stocks")
                    
      // 取得したjson配列を performCustomUnboxingWithArray でパース
      let stocks = try Unboxer.performCustomUnboxingWithArray(stockDictArray) { (unboxer) -> (String,Int) in
                      
          let item = unboxer.unbox("item") ?? ""
          let stock = unboxer.unbox("stock") ?? 0
                        
          // 結果をtupleで返却
          return (item,stock)
      }
                    
      // パースした結果を文字列にして返却
      var caption = "storename:\(storename) \n"
      for stock in stocks {
        caption += " item:\(stock.0) stock:\(stock.1) \n"
      }
      return caption
    }
                
    print(result)
                
  } catch let error as NSError {
    print(error)
  }
}  

/*
[output]  
         
storename:金沢店  
item:白菜 stock:12  
item:甘エビ stock:439  
*/